DCP小林宏

ユニット

歯科ユニットのピンポイント清掃。ユニットのホルダーは汚れてませんか?

歯科ユニットのハンドピースホルダーに付き、何を使っても取れない汚れの清掃How-Toです。歯科医院の中心的存在であるユニットの汚れの中でも取りにくく、後回しにしがちな汚れを、特殊なツールやクリーナーを使わずに短時間で誰でもできる清掃方法。
クレンリネスの考え方

歯科医院のクレンリネス~「患者さんが見ているのはどこ?!」は適切なアプローチか?~

「患者さんはここを見ている!」は適切なアプローチか? こんな質問があるとします。 「患者さんが見ているところを教えてください。」 と言うもの。 これを考えてみます。 医院の印象を悪いものにしないために患者さ...
クレンリネスの考え方

クレンリネスは管理するもの?~楽しく進めよう!

100の歯科医院があれば、100通りの環境や状況がある。 と言うのがデンタルクレンリネスプロジェクト開始当初からの基本姿勢です。 そのため、出来上がったマニュアルやしくみに医院様を合わせて頂く方法は一切採って来ませんでした。 ...
クレンリネスの考え方

気持ちよくクレンリネスに取り組むための考え方~前向きなクレンリネスを進めるため~

歯科の環境にとってクレンリネスの考え方と行動はとても有効なものです。 クレンリネスに取り組まれる時、どういうイメージや取り組み方をすれば皆さんが理想とする環境整備につながるでしょうか。 そこには初期段階での設定にコツがあります。 ...
フロアー

歯科医院フロアーのクレンリネス

歯科医院のフロアーは診療スペースとその他のスペースで汚れのタイプが違います。そのため、日々の清掃を行う方法もタイプに合わせて設定する事で省力化や時短に役立てる事ができます。待合室、診療室など汚れのタイプが違うフローアごとにキレイキープの方法を解説します。
フロアー

歯科医院の診療室フロアーをきれいに維持するには

歯科医院はほかの施設と比較してフロアーの汚れは特殊です。通常のおそうじではなかなかきれいにはできませんが、汚れの原因とその対処法を正しく知って日々のクレンリネスを行うと医院の皆さんが求められる医療の場としての清潔さを維持する事は可能です。その考え方と方法をお伝えします。
クレンリネスの考え方

医院の環境をキープする為に最も大切にして頂きたい事

クレンリネスを進めて行く中では、様々な壁に突き当たる事があります。全員の意識が揃わない、問題点を見つけた時に、その改善への行動を今のしくみに採り入れられないと悩んではいませんか?クレンリネスを定着させる時に最も大切な事は何でしょうか。
クレンリネスの考え方

これがないと始まらない!クレンリネスの要件!

医院の運営、クレンリネスはトップの方針のもとに進めると、スタッフの皆さんも安心して取り組む事ができます。その結果、一番大切なチームの意思統一がされやすく、クレンリネスリーダーさんがイキイキとし、クレンリネスはスムーズに進みます。
クレンリネス運営

モチベーション維持~ピンポイント清掃から始めるか、大きく始めるか~

医院にクレンリネスを導入していつもきれいな状態にして行く時、実際の作業は〝清掃〟から始まりますね。 この時、始め方には色々なものがあります。 1、まずはみんなが一番気になっているシンクとスピットンを徹底的にピカピカにする...
クレンリネスの考え方

重要!手段ではなく目的から考える。

短時間で環境を整えいつもきれいな院内を維持するにはクレンリネスを目的ととらえずQSC(クオリティー・サービス・クレンリネス)のバランスを整えると言う考え方、クレンリネスも質の高い医院をつくる一要素として他の項目と同様にしくみを作って行くことが最も確実に医院の文化になる進め方です。